株式会社ハピラインふくい

会社概要

社長挨拶

当社は、令和6年春の北陸新幹線福井・敦賀開業に伴い、JR西日本から移管される北陸本線の運行を担う第三セクター会社として設立しました。

北陸本線の県内区間は、乗車人員が約20,000人/日と、多くの県民の方々に利用されており、通勤・通学など生活を支える必要不可欠な公共交通機関です。

安全で安定的な運行の確保を最大の使命とし、さらに鉄道事業を接客業と捉え、お客様お一人おひとりとの出会いを大切にし、県民から愛される、また県民に元気になっていただける会社を目指してまいります。

代表取締役社長 小川俊昭

事業内容

現在、社員の採用・育成などを行い、開業に向けて準備を進めています。

開業後は、列車の運行をはじめ、駅の運営や鉄道車両および設備などの保守・管理を行います。

当社は、公共交通機関として、通勤・通学など県民の日常生活を支えていきます。

会社情報

社名 株式会社ハピラインふくい
設立日 令和元年8月13日
代表者 代表取締役社長 小川 俊昭
所在地 福井市
資本金 6億円(令和4年度増資予定)
株主 福井県、福井市、敦賀市、鯖江市、あわら市、越前市、坂井市、南越前町、民間企業
独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
営業区間 約84㎞(敦賀駅~大聖寺駅)
駅数 18駅(大聖寺駅を除く)
社員数 約280人(開業時予定)
役員
取締役会長
杉本  達治
代表取締役社長
小川  俊昭
取締役
東村  新一
取締役
渕上  隆信
取締役
佐々木 勝久
取締役
森   之嗣
取締役
山田  賢一
取締役
池田  禎孝
取締役
岩倉  光弘
取締役
吉川  幸文
取締役
長谷川 英一
取締役
塩谷  誓勝
監査役
杉本  達雄

経営計画

沿革

令和元年8月 福井県並行在来線準備株式会社設立
令和2年4月 当社の一期生となる社員を採用、JR西日本にて研修開始
令和3年10月 福井県並行在来線対策協議会において、「福井県並行在来線経営計画」を決定
令和4年1月 鉄道事業再構築実施計画の認定および鉄道事業の許可を受ける
令和4年7月 新社名「株式会社ハピラインふくい」に変更
令和6年3月頃 並行在来線開業

会社パンフレット(PDF形式:約4MB)

社名の由来・意味について(PDF形式:約0.2MB)